-お勉強本と雑記と備忘録のブログ-

011『小・中学校9年間の算数・数学を10時間で復習する本』【本】

難易度および一覧

↑ 上記リンクは電子書籍です。紙書籍もあります(リンク作成時は入荷待ちでした)

※ 私の個人的な一覧表です。

対象者レベル数学が苦手な大人
分野小学算数、中学数学
難易度1.5 out of 5 stars (1.5 / 5)
所要時間11時間(小学 6時間、中学 5時間)
難易度・所要時間の目安:数学が苦手な人 1~5倍、数学が苦手ではない人 0.5~1倍

その他・感想など

見開き1テーマで150まであります。一見多そうなのですが、練習問題は少なく、なかには説明だけで終わるテーマもあります。2~5分ぐらいで読み終われるテーマが多いですが、図形などは5~10分かかったり、たまに20分ぐらいかかるのがあったりします。

大人のやり直し系で似たような本はたくさん出ていますが、この本は数学に関する豆知識的な読み物が多いので、理解できるかどうかはさておき、読み物が好きな人は楽しめます。

なぜその公式や定理が出来たのかといった説明は、数学が好きな人なら、当たり前のように知っていそうですし、数学がある程度出来る人なら、そういうことだったのかと理解できるのだと思います。

一方、数学が苦手な人は、理解できて楽しくなるかもしれませんし、わかったようなわからなかったような感じで終わるかもしれません。わからなくても次に進めないわけではないので、理解できるまでするか、適当に切り上げて次に行くかはお好みでというところでしょうか。

あまりこだわらず次々に進んでいくと、本当に10時間程度で終わります。一般的に「○○時間で~」というタイトルで、実際に○○時間で終われる本はまずありませんが、この本は終われるのでびっくりです。

コメント (2)
  1. KYO より:

    こんにちは。
    読んでいる限りでは、なかなか面白そうだなーと思いました😊
    ちょっと気になってますw

    1. ぞん より:

      KYOさん、こんにちは!
      さすがに最初の足し算と引き算は簡単すぎると思いますが、文章題もあるので、数学が得意だった人にも、頭の体操になると思います。
      この本は、小・中まとめてこのお値段なので、手を出しやすくなってますw