-お勉強本と雑記と備忘録のブログ-

009『いちばんやさしいWordPressの教本』

評価表

※ 私(ぞん)による個人的な評価です。

難易度・通読時間の目安:入門者10倍、初心者5倍、初級者2倍、中級者1倍

対象者レベル初級者, 中級者
分野デザイン系
難易度4 out of 5 stars (4 / 5)
通読時間5時間34分

その他・感想など

友人の勧めで買いました。WordPressで記事を書く時の一通りの操作を学べます。華やかに仕上がりますので楽しいです。

しかし、特定のテーマ(Lightning)、特定のサーバー(さくらインターネット)での解説のため、いざ自分のサイトを作る時には、多少の応用力が必要です。

さらに、画面キャプチャの画像が小さかったり、「他のページも作っておきましょう」で説明を済ますなど、初心者には辛い部分も少しあります。とはいえ、全体的には丁寧に説明されていて、きれいにまとまっているので、読みやすいと思います。

※ 旧エディタです。私が買った時には新エディタとの切り替わり時期だったのでまだ使えましたが、これから買う人は新版を買いましょう。

第1章はドメインとサーバーの準備、第2章はWordPressのインストールと初期設定です。説明は、さくらインターネットですので、他社のサーバーを借りている人は、第1章2章は「各自で準備済み」であることが前提で、第3章からスタートです。

また、本を読むだけだと30分ぐらいなのですが、実際にドメインとサーバーを準備すると1日~数日かかります。表紙には「はじめてでも、挫折しません」と書いてあるのですが、さくらインターネットで始めないと、第1章2章で挫折しそうな気がします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。