-お勉強本と雑記と備忘録のブログ-

010 『中学3年間の数学が1冊でしっかりわかる本』 【本】

難易度および一覧

※ 私の個人的な一覧表です。

対象者レベル数学が苦手な大人
分野中学数学
難易度1 out of 5 stars (1 / 5)
所要時間5時間
難易度・所要時間の目安:数学が苦手な人 1~5倍、数学が苦手ではない人 0.5~1倍

その他・感想など

全体的な印象は、コンパクトにまとまった参考書といった感じです。見開き1単元なので、見やすいです。内容は、例題とともに解説が丁寧に書かれてあり、そのあと少し練習問題がついています。解説と例題を真似てやれば練習問題も解けるようになっています。

しかし、解説が詳しい単元ほど、例題と解説で紙面を使い果たしてしまい、練習問題を置くスペースがなかったらしく、「解説部分を隠して例題をやってみましょう」となっていて、練習問題がカットされています。ですので、問題を多く解きたい方には向いていません。

難易度については、中学時代の中間・期末テストはいつも30点台だったという私が挫折せずに最後まで読めたぐらいですので、相当簡単な問題に絞っているのではないでしょうか。よって、数学が得意だった人にはかなり物足りないと思われます。

簡単に言うと、「数学が苦手で途方に暮れている学生」と「数学が苦手で困っている、または理系の人に憧れている大人」のための本です。

0