-お勉強本と雑記と備忘録のブログ-

WordPress 無料テーマ の色をいじってみた

WordPress カスタマイズ
  • バージョン情報(公開時)
    • WordPress 5.1.1-ja
    • LIQUID PRESS LIGHT 1.1.3
    • Simple Custom CSS and JS 3.23

無料テーマ で始めることになりました

ブログ始めるから、テーマ買うっ!

有料とかまだ早いわっ!記事増えてから言え!
無料テーマ でこつこつ勉強せい!

ということで、私が選んだテーマは、「LQUID PRESS」 シリーズの中の、試用版(無料)の「LIGHT」です。

LQUID PRESS LIGHT に決めた理由は

  • とりあえず無料
  • 見た目がシンプル
  • 新エディタGutenberg対応
LIQUID PRESS LIGHT

追記: 試用版は、そのまま無料で使い続けることが可能です。
私は、この記事を書いた5か月後に、広告リンクを貼りたくて、ライセンス料を払いました。(3600円でした)

新エディタ Gutenberg について

私がWordPressをインストールしたのは、2019年2月です。
まだ新エディタの本はほとんど出ておらず、購入した本の内容は旧エディタでのものだったので、Classic Editor のプラグインを入れて練習しました。

ですが、2022年で旧エディタのサポートが終了するかもしれないというなら、旧エディタを実践で使ったことがない自分は、もう新エディタでいいのではないかと思い、だったら既に新エディタ対応済のテーマの方がよいだろうと思ったしだい。

ちょっとだけカスタマイズ

シンプルだからという理由でこのテーマを選んでおきながら…

記事がないからよけいに淋しく見えてしまうのであろうことはわかります。
とはいえ、もう少し色合いが欲しいということで、ウィジェットをいじることにしました。

本で見た、「デベロッパーツールで該当箇所を探す」というのをやりました。

直接テーマの追加CSSに書いてしまうと、テーマがバージョンアップしたときに消えてしまうと聞き、カスタム用のプラグインを使うことにしました。
検索したら、一番目立っていたので、「Simple Custom CSS and JS」というのにしました。

メニューの字を大きく

文字の大きなメニュー

ウィジェットの色を変える、タグの文字を囲む

白いウィジェット

プロフィールの写真を丸にする

丸いプロフィール

やってみて思ったこと

私のHTMLとCSSの知識は、ほんのわずかです。それでも、結構見た目が変わって面白かったです。

「変えた方がダサくなってない?」とか言うのはやめてください。

調子に乗って、コメント欄もいじってみました。

関連記事WordPress コメント欄をカスタマイズ