-お勉強本と雑記と備忘録のブログ-

アフィリエイト に手を出しました(A8.net)

アフィリエイトA8

Last Updated on 2020年12月24日 by ぞん

Amazonアソシエイトの審査に落ちました

本やグッズについて記事を書くなら、リンクのひとつぐらい貼っておいた方が親切じゃないの?

なるほど。そういや、どこのサイトみても商品にリンクがついてるもんね。。。

著作権とか厳しい昨今、みんなどうしているのだろう?
勝手に商品のリンクをサイトに貼ったら怒られるのではないか…

そうだ、アフィリエイトというのをすればいいんだ」と思い立ち、Amazonアソシエイトに申し込んだら、 あっけなく不合格になりました。

不合格レターを見て、「まだサイトを始めて1ヶ月ぐらいで記事数が少なかったのかな?」と思いましたが、「2週間で10個」でも合格する人はいるようなので、結局は、記事内容なのかなと。

トホホな気分で、そのまま4ヶ月経ち、またAmazonアソシエイトに申し込んでみようかなと思ったのですが、ふと思いました。

「ただ時が過ぎただけで合格するとも思えないな…Asp(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)でいいのでは?」

ということで、大手である A8.net にすることにしました。

A8.netに登録しました

ネットのどの記事を見ても、概ね、

  • 登録だけなら落ちることはない
  • 広告の申請には審査がある
  • 広告の申請には審査がないものも多い

ここでダメならどこもダメでしょうに…と思いました。

登録できました。よかった…

「登録できたからには、いっちょ前に広告とか貼ってみたいぞ!」

ということで、自分が使っているWordPressのテーマ(LIQUID PRESS)の広告を申請したら、審査が通りましたので、喜び勇んでサイドバーに貼りました(笑)

Amazonの提携を申請しました

自分のブログの内容から考えて、リンクさえ貼らせてもらえるなら、本家アソシエイトにこだわる理由もないわけで、A8.netで提携を申請することにしました。

それでも、「Amazonの提携の審査は時間かかりますよ」みたいなことが注意として書かかれてあったので、「やっぱり審査厳しいのかな…落ちるのかな…」と思っていたので、「プログラム参加が承認されました」というメールが来たときは嬉しかったです。

アソシエイトに落とされたというのはこの先もずっとトラウマとなって残るとは思いますが。。。

Amazonアソシエイトの審査の厳しさについては、ネットでは「普通にやってれば、審査に落ちることなんてない」と書いている記事と、それと同じぐらい「普通にやってるのに、審査に落ちまくって始められない」という記事が見つかりますが、年々厳しくなっていることは確かなようです。

一方、「 AmazonアソシエイトよりもA8.netの方が審査がゆるい」という噂については、

A8.netの方が申請に手間がかからないことだけは確かです

Amazonアソシエイトに審査してもらうには、 あれこれ選択肢を選んだり、色々書いたりします
どんな分野の商品を紹介したいかだとか、どんな方法で自分のサイトに人を集めているのかだとか、他に広告の類をやっているのかだとか、月に何人訪れているんだとか、いろいろ聞かれ、さらに、自分のサイトについての説明と、いかにAmazonアソシエイトをやりたいかという熱意を記述します。

A8.netでは、「提携申請する」のボタンを押すだけです
もちろん、それは、最初に登録するときに、既に自分のサイトについての情報を知らせているからなのですが、登録時も、それほど細かくは聞かれません。初心者に優しいです。

※ 2020年12月の時点でのAmazonアソシエイトの審査:
先に商品のリンクを貼らせてあげます。6ヶ月以内に商品が3つ売れたら審査してあげます。ただし売れたからといって必ずしも合格するとは限りませんけどね」と、さらに厳しさが増しています。
そんな苦労をして合格したとしても、1年間売上なかったらアカウント停止されるとか、辛いですよね。。。

というわけで、もう私はAspでいいです。というかAspでしか無理です(笑)

追記:この約2年後、ようやく儲けが少しずつ出てきて喜んでいたら、大事なメールを見逃すという失敗のため提携を解除になり、再申請しましたが、審査すらしてもらえず、私のAmazonアフィリエイトは、あっけなく終了しました。一応、申請だけは続けてますけど。。。

商品リンクがうまくいかず

最初、商品リンクを貼ってみたところ、うまくいきませんでした。
画像なしだとうまくいくのですが、画像付きだとうまくいかず(>_<)

画像が出ない

商品リンク画像が出ない

調べると、「Lazy Loadなど、画像を遅らせて表示するプラグインを入れているとアフィリエイトの画像が出なくなる」と書かれている記事がけっこうあったので、Lazy Load Optimizer を無効にしてみたら、画像が表示されたので、やはりこれが原因らしい。

問題は、このプラグインを削除することで、そんなにサイトの読み込みに支障が出るのか?なんですけど、同僚のスマホ(私のスマホより古く、フラッグシップモデルでもないです)で、サイトを見てもらって、遅いと感じるかどうか聞いてみたところ、「全く普通です」と。

PageSpeed Insights で計測してみましたが、数値が激減するというようなこともなく、今まで効果があったかどうかも怪しくなってきました。

結局、Lazy Load Optimizer を削除しました。
代わりに、jetpackの「画像の遅延読み込みを有効にする」をONにしました。

jetpack画像遅延読み込み有効

アフィリエイトの画像もちゃんと表示されまて、大丈夫のようです。
すでに2018年ぐらいからあったということですが、無知だったので気づきませんでした。私がWordPressを始めたのは2019年3月ですから、「最初からこれでよかったのに…」です。

がっつりテーブル枠がついたまま

商品リンクテーブル枠消えない

商品リンク作成画面で「枠なし」を設定しても、テーブル枠が消えません。
HTMLのコードを見ても、表示しない記述になっているし、ブロックエディタ画面のプレビューでは枠がついていません。でも公開画面にすると枠がついています。とりあえず諦めて、テーブル枠はこのまま放置することにしました。

※ 後日、他の記事で使っていたCSSに原因があることがわかり、記述を消したところ、内側のセルの枠線が消えました。

ブロックエディタの「カスタムHTML」でエラーが出る

カスタムHTMLブロックエラー

カスタムHTMLでコードを貼り、投稿画面にして、編集画面に戻ってくると、エラーになっているという状態です。

「解決」のボタンを押すと、ブロックに変換されてコードが書き換えられてしまうので、これは絶対却下。

「HTMLに変換」のボタンを押しても、エンドレスにエラーを繰り返すだけで、何も変わらない。 で、やってみたのは、

「三点つぶつぶ」のボタンから、「ブロックのリカバリーを試行」をクリック

一体何がどうリカバリーされているのかはわかりませんが、エラーがなくなります。ただ、気が付くとまたエラーになっていたりして、だんだん面倒くさくなり、「まぁ、公開ページではちゃんと表示されているからいいか」と放置するようになりました(^^;

画像出た、リンク貼れた、とりあえずこれでよし

  • Lazy Load Optimizerは、jetpackの「画像遅延読み込みON」で解決出来たことにしておきます。
  • テーブルの内側のセル枠はついたままですが、そっとしておきます。※ 後日解決しました
  • カスタムHTMLのエラーは、完全には解決出来てないですけど、エラー出たままでも投稿は表示されますし、とりあえずはこれでいいかなと。

ちなみに、A8.netのAmazonの商品リンクのデザインは、実にシンプルです。Amazon感はゼロです。そりゃまぁ、本家アソシエイトより目立つことは許されないよな~なんて思ったり。

あまりに商品リンクがシンプルなので、「もはやどこのサイトへ飛ぶリンクなのかもわからず、これでは怖くて誰もクリックできないのでは…」と思い、Amazonと書いておきました。

商品リンクAmazonラベル

なんのオシャレ感もありません。どことなく不自然でもあります。が、とにかく明示しなければと思い。

アフィリエイトで生きているような方々は、商品リンクに便利なツールを色々使っているそうで、いずれ使うようになるかもしれませんが、いまのところはとりあえず力づくで!

なにはともあれ、「商品のリンクを貼ってもAmazonに怒られないようにする」という、第一目標はクリアできました(^O^)

0
コメント (2)
  1. KYO より:

    おめでとうございます㊗️
    Amazonアフィリエイトの審査が厳しくなっていると聞き、一昔前は申請するだけで、すんなり通ったのに。。。と隔世の感ありです。
    なので、簡単に通るでしょ、と書いている人はおそらく昔の人ではないのかなーと勝手に推測しています。
    なんというか、最近のは、ひたすら面倒なんですねぇ。。。それでもやってる人達って偉いなーと思いました。

    1. ぞん より:

      KYOさん、おはよー。ありがとう(^O^)/
      なんかいろいろ問題出たんでしょうねぇ、審査を厳しくしないとまずいような。。
      Amazonアソシエイトの何がすごいって、審査待ちの間、管理画面にログインできるようにしておき、報酬の受け取り方まで選択させ、さも合格するような気分にさせておいて、不合格レターと同時に管理画面を閉鎖するという。。傷口に塩、泣きっ面にハチ、弱り目に祟り目な鬼仕様w