-お勉強本と雑記と備忘録のブログ-

ブッククリップ が地味に便利だと知らせたい

ブッククリップ

ブックリップ に日の目を

今回は紹介する ブッククリップ は、便利グッズなのですが、ひと目で「わぁ~これ絶対便利なやつ!」という華やかさはないのですが、使ってみて初めて「あれ、これは予想以上に便利だぞ!」となります。

開いた本を閉じないようにする アイテムで、「地味に便利すぎる~!」というものです。

ブッククリップ

私は、放送大学の学生もやっているのですが、ブログを始めてからというもの、「勉強そっちのけ」になり、単位認定試験の間際になって、「どうすんのよ、全然間に合わない(泣)」と言いながら、勉強を始めるわけです。

そのとき、いつも何気に使っていて、「これがなかったら勉強する気すら起きない」ぐらいのアイテムがあります。
見てのとおり、ただの大きなクリップ です。クリップなので、本に限らず、なんでも挟めます。

ブッククリップの良い点

ブッククリップ の良い点は、適度な重さバランスです。銀色の棒の部分が重りになっていて、その重りをくるむようにバネで固定して一体化しているので、持ちやすいです。使用するにあたって大きな欠点はありません。

とにかく本体もクリップ部分も頑丈です。クリップを留めているバネが鋼材のため、割れることなく、挟み口を大きく開くことができ、厚みのある本でも簡単に挟むことができます。2個買あるとさらに便利です。

ちなみに、以前はブックストッパーという製品を愛用していたのですが、壊れてしまうと、重りだけが残ってしまい、洗濯バサミをつけてみたりもしたのですが、挟む力が弱くて微妙でした。
ダブルクリップで代用している人もいるようですが、私の場合、どうしてもこの残った重りを活用したいというわけでもないので、ブッククリップ に乗り換えました

ブックストッパー の特徴まとめ

良い点

丈夫で長持ち

  • バネの部分が、鋼材の板でできていますので、普通に使っていて1年で割れることはないでしょう。バネの部分がダブルクリップだと考えれば、その丈夫さがわかると思います。
  • はさみの内側にはフエルト生地がついていて、本をはさんでも傷つかないようになってます。滑り止めにもなっていて、これも地味に良い点だと思います。

衝撃に強い

  • 重りとクリップが一体化しているので、基本的には落としてもバラバラにはなりにくいです。
  • あまりにクリップを開きすぎたり、パカパカして遊びすぎたり、落下したときの角度や当たり所が悪かったりすると、バネが飛んでバラバラになることもありますが、バネは鋼材ですので簡単には割れません「えいっ」と、バネをハメ直せば元通りです。

ブックストッパーを、落として割ったこともある私としましては、落としても大丈夫というのは重要です。ブックリップも何度も落としてます。

そもそも「なぜそんなに落とすのか?」というと、「片付けられない人」である私は、いつも机の上がカオスなので、どうしても落下事故が避けられないからです。

惜しい点

選択肢がない

  • カラーバリエーションがありません。黒のみ

性能の良さが伝わらない

  • すべてが真っ黒なので、おもいっきりバネが見えているにもかかわらず、鋼材でできていることに気づきません。
  • 材質とか気になる人は、写真を拡大したり、商品詳細をよく読んだりすると思いますが、皆さんそこまでするのかどうか。。。
ブッククリップ

総合評価

ブックストッパーも良い商品で、愛用者も多いです。色も選べますし、おしゃれです。都会の図書館でカバンから取り出して…というなら、かっこいいと思います。しかし、私は、

オシャレ感は捨てて“頑丈さ” で ブッククリップ

コメント (2)
  1. KYO より:

    本を挟む為のクリップって、たしかに昔はよく使ってたかも。
    私のステンレス製のクリップとはだいぶ形状が違うけど、用途に叶えばそれで良いんだもんねー。

    1. ぞん より:

      KYOさん、ありがとうございます。
      シンプルさゆえに、どんな用途にも合います(^-^)